腰痛で飲むべきはコンドロイチン

腰痛の仕組み

そもそもなぜ腰痛というものが起きるのでしょうか。

腰まわりには、小さな骨が重なり合うことによって存在している部位です。でも、骨同士がそのままくっついているというわけではありません。

骨と骨との間には軟骨と呼ばれているクッションの役割のようなものが存在しており、全身のあらゆる関節がスムーズに動きやすくなります。

もちろん腰にあたる部分にある骨の間にも軟骨が存在しているわけですが、その軟骨の働きが弱くなってきてしまったり、軟骨の存在自体が無くなってきてしまっていることによって腰痛が引き起こされます。

軟骨は、その成分ほとんどがコンドロイチンと呼ばれている成分で成り立っているので軟骨が磨り減っているということはコンドロイチンの量そのものが減っていることです。

若い頃であればコンドロイチンは体内で多く生成されていく仕組みなのですが、老齢と化していくと生成されず、軟骨ももろい状態になってしまって異なる骨同士がぶつかりあってしまうという状態になります。これが腰痛と言われている現象です。

腰痛に一番良いのが軟骨を再び形成していくということですが、そのためには体の外から意識的にコンドロイチンを摂取しなければなりません。

メニュー

Copyright (C) 腰痛で飲むべきはコンドロイチン. All Rights Reserved.